こづゆ

こづゆ
こづゆ ¥600円

会津城下の代表的な郷土料理 地域や家庭により様々なバリエーションがあり、新潟などにも似たような料理があります。

ニシンの山椒漬け

ニシンの山椒漬け
ニシンの山椒漬け 550円

江戸時代から越後から背中に背負って多くの若い娘達が、干しニシンを売り歩き、会津城下にはなくてはならない料理になりました。 山椒の若芽の頃が最高の食べごろです。

鯉の甘煮

鯉の甘煮
鯉の甘煮 1,200円

会津を代表する郷土料理、婚礼には花形の御馳走でした。

田舎の煮物

田舎の煮物
田舎の煮物 550円

季節の山菜が主役、車麩やじゃがいも、筍、そして何よりも鯖なまりが不可欠な材料、形を少しずつ変えながら1年中作られます。

城下煮〆

城下煮〆
城下煮〆 550円

昔から伝わる伝統的煮〆、ニシンを使うのが特徴です。

サメの煮付け

サメの煮付け
サメの煮付け 550円

サメはやはり冷蔵技術のない時代に塩漬けして運ばれてました。しおを流水で戻して煮付けにしてたべたものです。

会津馬刺し

会津馬刺し
会津馬刺し

会津は日本一の馬刺し産地(太田和彦談) 籠太では会津独特の辛子味噌のほかに胡麻油を入れた食べ方をご提案しております。